この記事をシェアする

身体を動かすのはとても良いこと

たくさん身体を動かそう

子どもは、まだ免疫力が低いです。
ですから些細なことが原因で、体内にウイルスが侵入して病気になってしまいます。
ですが運動していれば、免疫力が高まるので病気の予防に繋がります。
健康的な生活を送れるように、子どもに運動系の習い事をさせる親が増えています。
講師から基本的な運動を教えてもらえるので、運動が苦手な子供でも楽しく練習できます。

生まれつき運動が苦手な子どもがいるでしょうが、ずっとそのままでは学校に入ってから、体育の時間が辛くなります。
幼児の頃に運動していれば、苦手を克服できます。
ですから早めに、運動系の習い事をさせてください。
水泳やサッカー、体操などが人気です。
教室があったら気軽に、参加しましょう。

一生懸命練習すること

最初は教えられた通りに、うまくできないかもしれません。
ですがたくさん練習すれば、できるようになります。
子どもが諦めかけていても、親が励ましてください。
親も、練習に参加すると良いですね。
一緒に練習すれば、子どもは楽しくなるので練習が継続します。
またこれまでできなかったことをできた際は、褒めてください。

褒められると子供は嬉しくなって、さらに進んで練習してくれるはずです。
もし失敗が続いてもⅯ、練習を頑張っていることを褒めましょう。
失敗していることを怒るとも、子どもは嫌になります。
習い事を嫌いにさせないように、小さなことでも良いので褒めてください。
褒めることで、子どもは成長します。
効率良く技術を習得できるでしょう。